2020/3/10 ニュースリリース

LIFULL、不動産セキュリティトークン発行スキームの実証実験を実施
~空き家問題の解消、地方の関係人口増加にむけた「SDGs投資」「ESG投資」を促進~

世界一のライフデータベース&ソリューション・カンパニーを目指し、不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」等の住生活関連サービスを提供する株式会社LIFULL(ライフル)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120、以下LIFULL)は、グループ会社である株式会社LIFULL Social Funding(住所:東京都千代田区、代表取締役社長:髙山祐介)とデジタル証券プラットフォームを提供するSecuritize inc.(日本法人:株式会社BUIDL、住所:東京都中央区、代表取締役:ジェームス・エイチ・フィン)と協働で、空き家の利活用等への投資における不動産セキュリティトークン発行(Security Token Offering、以下STO)スキームの実証実験を実施致しました。

本実証実験では、空き家の地方創生型不動産クラウドファンディングを広く推進する基盤の構築を目的に、ブロックチェーン技術適用による不動産ファンドにおけるオペレーションの自動執行 ・透明性担保について検証を行いました。

続きを読む(株式会社LIFULLのサイトを開きます)